テツバド

【アストロクス22RX】最軽量68g!操作性を極限まで追求したラケット!

テツバド

バド競技歴25年|社会人/ジュニアのクラブ代表|大手スポーツ店協力のもとラケットを実際に累計100本以上試打したものを紹介しています

アストロクス00の後継モデルとしてアストロクス22RXが2023年12月に発売されました。

アストロクスダブルゼロ信者にとってはかなり注目を集める商品です。

アストロクス00との比較とともにレビューいたしましたので是非、ご覧ください。

 

アストロクス22RXをレビュー!

アストロクス22RXの価格

 

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

スポーツゼビオで見る

スポーツデポで見る

スポーツヒマラヤで見る

 

アストロクス22RXのスペック

 

重さ:2F(平均68g)

ヘッドバランス:ヘッドヘビー

打球感:普通

グリップサイズ:G5

カラー:ブラック/ゴールド

推奨テンション:20~28(lbs)

 

アストロクス22RXにおすすめのガット

YONEX社が推奨しているおすすめガットを紹介いたします。

【パワーヒッター向け】

Amazon楽天ヤフーゼビオデポヒマラヤ

 

ゲージ:0.69mm

反発力が特段にあるストリングではありません。

反発力が強くスマッシュ力も力を入れたい方はこちらのストリングを参考にされてください。

 

【コントロールプレーヤー】

Amazon楽天ヤフーゼビオデポヒマラヤ

 

ゲージ:0.69mm

0.69mmのストリングですが耐久力はさほど強くありません。

しかし、YONEX社が紹介しているように振動や無駄なブレを抑えてくれるストリングです。

 

アストロクス22RXの性能

幅広い芯で打てる

縦と横のガットを均等にすることで、四角状の幅広いスウィートスポットを実現しています。

ガットテンションを高く貼るとスウィートスポットは狭くなりますが、均等に貼ることで、ラケットの芯で捉えやすく、スマッシュ等にもパワーを加えることができます。

 

正確なショットを放てる

ラケットの重さを均等に分けることでブレずにラケットを振ることができ、

連続スマッシュを放ちつつ、しっかりとコントロールもしやすいラケットです。

 

使用時のメリット

ダブルス前衛を強化できる

ダブルス前衛は素早い反応によって相手の甘くなった球を適切に処理しなくてはなりません。

しかし、反応が早くても相手の取りやすい甘い球を打っても、逆にカウンターを受けてしまうことにも繋がります。

ダブルス前衛で大切なことは素早いタッチや球を沈めることです。

球を沈めるという事に関してはバドミントンプレイヤーなら分かると思いますが、コートに球を沈めることで相手の体勢を崩したり、ミスを誘ったり、決め球として放つショットです。

一方、素早いタッチとは相手が絶妙にネット前で勝負を仕掛けてくる時に、素早いタッチができれば、逆に攻撃的な展開へ運ぶことができます。

この素早いタッチと球を沈めるということに関して、どちらともにしやすく操作性の高いラケットです。

 

レシーブしやすい

相手のスマッシュが速く、ご自身のラケットが振り遅れると相手に甘い球を上げたり、ミスへ繋がったりもします。

また、スマッシュが速い相手で、肩口を狙って来たりするプレイヤーはシャトルに高低差をつけることで相手のレシーブミスを誘ってきます。

そこで、この2F(平均68g)という最軽量ラケットを使用することによって、操作性が向上し相手に意表を突かれるようなスマッシュがきても対処しやすいラケットです。

 

肩の負担を抑える

1試合でバドミントンを振る回数は平均で300回〜400回程度と言われています。

ゲーム練習では6〜9試合程度です。

そのため一回の練習で最低でも1800回くらいはラケットを振っているという計算になります。

若年層の方であれば物足りないと思う回数かもしれませんが、シニアにとっては多いと感じる方もいるでしょう。

肩の負担を少しでも抑えたいという方はこの最軽量ラケットを使用してみてはいかがでしょうか。

※ 通常のラケットの重さからこの最軽量ラケットへ変更する場合は、ドライブ・プッシュレシーブ・ヘアピンなど細かい動作から始めることをおすすめします。

今まで使用していたラケットよりも感覚がズレてしまうため、怪我をするリスクが高くなります。

スマッシュなどの素早い動作を伴う時は慣れてから使用しましょう。

 

折れやすいの?アストロクス00と比較!

前作のアストロクス00では折れやすいという声がSNS等で多数見受けられました。

これは、軽いラケットが重いラケットと接触した時に折れやすいことが上げられます。

今回も同じような不満の声が上がるかもしれませんが、YONEX社はこのデメリットを改良させました!

アストロクス00はNamd™(エヌアムド)という素材を使用していましたが、アストロクス22RXではNANOMESH NEO(ナノメッシュネオ)

アストロクス00のフレーム・シャフトの素材は少し柔らかくしなりのある物を使用していましたが、新作であるアストロクス22RXのフレーム・シャフトは前作よりも硬い素材で作られています。

そのため、前作よりも折れにくくシャトルにインパクトを与えやすいラケットに進化しました。

 

※折れることが心配という方は以下の2点に気をつければ、バドミントン中に折れるリスクはほとんどありません。

YONEXのバドミントンラケットのほとんどは強固な素材で作られていますが、「ダブルスでパートナーとの接触」「ストリングを規定外に強く貼る」などの使い方を行うことによって、折れやすい原因を作ります。

そのため、規定内で何度も耐久性のテストを行った上で商品化しているため、通常通り使用していれば折れずに長持ちさせることができます。

 

 

 

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

スポーツゼビオで見る

スポーツデポで見る

スポーツヒマラヤで見る

 

まとめ

ここまでお読みいただきおりがとうございました。

また、皆さんの声を聞いて機能面を追記していこうと思います。

 

その他のおすすめラケット

 

  • この記事を書いた人

テツバド

バド競技歴25年|社会人/ジュニアのクラブ代表|大手スポーツ店協力のもとラケットを実際に累計100本以上試打したものを紹介しています

-テツバド