テツバド

社会人がバドミントンを趣味とするメリット!始める前の注意点も紹介

こちらのコンテンツでは、バドミントンを趣味とする場合のメリットと始める前の注意点を解説致します。

これからバドミントンを楽しみたいという方に向けて、解説していますので是非参考にされてください。

 

バドミントンを趣味にするメリット!

道具はラケットとシューズだけ

バドミントンは1万円〜2万円ほどのラケットやシューズを購入することで初めることができます。

中には2万円ほどの高額なラケットも存在しますが、初心者のうちから購入する必要はありません。

初めのうちは、バドミントン専用のシューズ(7000円前後)にこだわっていただき、怪我が無いように楽しむことが大切です。

 

年齢を問わず楽しめる

私が今まで練習や試合で見てきた年齢は、3才〜80歳までの方を見てきました。

バドミントン実業団選手は30歳前後で引退される方も多いのですが、そこから子供たちの教育をし社会に貢献される方もおられます。

また、一般人でも40代、50代・・・と年齢を問わず趣味として「試合で勝ちたい」「ダイエットをしたい」「皆んなで楽しみたい」など目的を持ってバドミントンをされる方も多くいます。

 

ダイエットになる

遊びで行うバドミントンの運動量としては低いのですが、本格的に趣味としてバドミントンを始める場合の運動量は高く、1回1時間の練習で約500kcalを消費してくれます。

バドミントンでダイエットも目的としたいという方は以下を参考にされてください。

バドミントンでダイエット

 

友達、恋人、知り合いが増える

地域のバドミントンクラブに参加すると多くの方と接する機会も増えます。

例えば、バドミントンクラブの方と忘年会をしたり、合宿をしたり、試合に出たりなど、参加するorしないは自由ですが、参加することによって、人との繋がりが増えることになります。

また、バドミントンクラブ内で知り合って結婚したという方も数多くおられます。

 

大会にも出場できる

バドミントンの醍醐味と言えば、大会に出場し楽しむことです。

練習をしてなくても大会だけを楽しむという方もおられるほど、バドミントンプレーヤーには楽しみの1つとも言えます。

大会も市町村レベルで開催されており、上級者・中級者・初級者とレベルに応じて出場することができます。

 

バドミントンを始める前の注意点

初心者は高額な教室には通わないこと

初心者から始めるにあたって、高額な教室に通う必要はありません。

初心者に1から指導を行う場合、その地域に貢献している熟練者が、ボランティアとして指導される方がほとんどです。

そのため、1回の練習(2時間程度)で支払う金額は300円〜500円程度で、これは体育館のコート代やシャトル代になります。

たまに、初心者に1回の練習で数千円もの高額な料金を支払わなくてはならない教室が存在します。

このような教室へ行く必要はありません。

 

中級者〜上級者はO Kです

地域にもよりますが、年に数回ほど、元実業団選手などが、中級者〜上級者に向けて指導する場合があります。

バドミントンが上達するともっと上手くなりたいなどの向上心が芽生え、参加すると奥深いバドミントンの技術を教えてもらうことができます。

1回につき数千円〜数万円ほどかかる場合もありますが、このような教室に行くことは、だと思います。

ある程度、バドミントンの知識がある方が、バドミントンの最前線で活躍されていた元選手の指導を受けることで、上達することもできるためです。

最近では、SNS(Twitter・YouTube)を通して発信する選手もおられ、月に数千円ほど支払うことで指導を受けることもできます。

 

ラケット選びは慎重に

バドミントンラケットは初級者・中級者・上級者に向けたラケットに分けて、それぞれ目的を持って作られています。

特に初心者の場合、上級者向けのラケットを選んでしまうと、扱いにくく上達も遅くなります。

そのため、レベルに応じたラケット選定が必要になりますので、初心者から始める場合は以下のコンテンツをご参照下さい。

バドミントンラケットの選び方

 

バドミントンクラブの探し方

バドミントンクラブを探す方法は様々な手段があります。

例えば、SNS等で発信されているクラブ、市町村が紹介しているクラブなどで探すことができます。

しかし、中級者〜上級者のみと記載されているクラブもあるため、初心者から始める方は初心者も行えるのか調べて、行きたいと思うクラブへ連絡し参加しなければなりません。

詳しい探し方について、以下のミントンブログさんの記事を参考にされてください。

詳しくはコチラ

 

 

-テツバド

© 2021 TETSUBAD