テツバド

アルティウス01フィールをレビュー!機能性・注意点・おすすめの人を紹介!

今回は、2021年11月に発売された中級者〜上級者向けのアルティウス01フィールについてレビューいたします。

リオと東京五輪代表の奥原希望選手が愛用しているラケットです。

奥原選手はシングルスプレイヤーですが、

ダブルスプレイヤーにもおすすめします。

是非、ご覧ください。

 

アルティウス01フィールのレビュー!

アルティウス01フィールの価格

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

スポーツゼビオで見る

スポーツデポで見る

スポーツヒマラヤで見る

 

説明動画

シドニー五輪代表 元オリンピック選手の井川里美さんがラケットの特徴について詳しく説明されています。

 

アルティウス01フィールのバランスとトルク(硬さ)

ポイント

画像のシャトルの位置で捉えることができると威力を発揮することができます。

 

 

ポイント

トルクレベルとは、ラケットのスイングスピードとシャフトの硬さです。

ねじれやすさとは、シャフトの硬さを表し、アルティウス01フィールはトルクレベルは8。つまり、柔らかいことを指します。

 

アルティウス01フィールの重さ

3U (平均88g)

 4U(平均83g)

ガットの推進張力は23~27(l bs)

重さ基準(※ラケットのグリップ先端に記載されていることが多い)

 

アルティウス01フィールの特徴

飛距離が出やすい!

クリアやロブが軽い力でも飛ぶ印象です。

・今までクリアにインパクトを与えられなかった

・ロブが浅くなりやすい

など相手コートの奥までしっかりと飛ばしやすく、自分のコートの隅に追い込まれたとしても、簡単にクリアやロブで返球することができるラケットです。

 

ラケットがブレない

 

バドミントンラケットはガットのポンド数が高いほど振動が伝わってきます。

振動は手〜肩にかけて伝わり、ラケットワークにブレが生じたり、疲れやすく、怪我にも繋がります。

そこで、アルティウス01フィールは衝撃を抑えてラケットの安定感を出し、疲労感や怪我も抑えつつ、安定したショットを放つことができます。

 

素早いスイングスピードを可能とする

非力な方でも重さを感じることなく、振り抜きやすいように、ラケットフレーム下に溝を作り、スイングスピードを上げるための構造を搭載しました。

ラケットはスイングスピードが速いほどシャトルにインパクトを与えることができるため、シャフトが柔らかいラケットでも速いスマッシュやドライブを放つことを可能とします。

 

コントロールしやすい

ブレが少ない構造をしていることでラケットワークに安定感をもたらすことができます。

また、シャフトが柔らかいラケットは球持ちもよく、狙った場所にシャトルをコントロールしやすくなります。

球持ちとは?

ガットとシャトルの接触時間のことです。シャフトが柔らかいほど接触時間は長くなり、相手コートの狙った所へ打ちやすくなります。

 

注意点

ドライブに弱い

連続ドライブを打つ機会が多いダブルスにはやや不向きなラケットです。

シャフトが柔らかく軽い4Uラケット、トップヘビーのため、一般男子選手のような力強いドライブを放つことは難しくなります。

 

こんな人におすすめ

シングルスプレーヤー

シングルスではクリアを多く使用します。

コート奥に追い込まれても力強いクリアでリセットすることができ、また、クリアでも攻めたいというシングルスプレーヤーにもおすすめです。

 

コースを使い分けたダブルスプレーヤー

相手のボディに力強い連続スマッシュを放ちたいプレーヤーには不向きですが、相手を動かすようにコースを使い分けてスマッシュを放ちたいという方にはおすすめです。

アルティウス01フィールは奥原希望選手の愛用ラケットです。

奥原選手はクリアなどで攻めて、ここぞという時にコースを狙ったスマッシュを放ちます。

彼女のプレースタイルとラケットの特徴がマッチしていることが大きな特徴です。

 

 

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

スポーツゼビオで見る

スポーツデポで見る

スポーツヒマラヤで見る

 

まとめ

アルティウス01フィールはいかがでしたか。

ポイントはクリアやロブをしっかり相手のコート奥へ返球しやすく、非力な方でも操作しやすいラケットです。

カット・クリア・スマッシュなど多彩なショットで相手を翻弄するプレーを行いたいという方に、おすすめのラケットとなります。

 

その他のおすすめラケット

 

-テツバド

© 2024 TETSU BADO